コルネリウスの信仰

世界の国旗 お知らせ

2022年8月28日(日)礼拝(聖書箇所:使徒10:23-35)

聖書より:

ペテロは、コルネリウスの3人の使者たちとともにカイザリアにやってきました。
コルネリウスはペテロを迎え、ひれ伏してペテロを拝みます。
それに対しペテロは「私も同じ人間です」と言って、コルネリウスを起こしました。

ペテロから福音を聞いたコルネリウスは、イエス・キリストを信じ救われ、聖霊を授かりました。
こうして福音は、ユダヤ人だけに留まらず全世界の人々に開かれていきました。

この記念すべき場面において、なぜ神様は人を拝むようなコルネリウスをお召しになったのでしょうか。
彼の証によれば、御使いが現れ「コルネリウス。あなたの祈りは聞き入れられ、あなたの施しは神の前に覚えられています。」と告げたというのです。
実に神様は、その人の罪や至らなさよりも、神様と隣人に対する心と態度を重視される方だったのです。

コルネリウスの証を聞いたペテロは、神様はえこひいきなさる方ではなく、どこの国の人であろうと、神を恐れ、正義を行う者を受け入れてくださる方であることを悟り知ったのでした。

私たちも聖書の御言葉を頼りに、神様を愛し、隣人を愛する信仰を目指し続けることが大切なのです。

結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。(伝道者の書12:13)

コメント

タイトルとURLをコピーしました