魔術師シモンの不義

お金 お知らせ

2022年5月22日(日)礼拝(聖書箇所:使徒8:9-25)

聖書より:

ステパノの殉教の後、教会に対する激しい迫害が始まりました。
使徒たち以外のクリスチャンはみなユダヤ、サマリアの諸地方に散らされました。

ピリポが訪れたサマリアでは、多くの人がイエス・キリストを信じました。
人々から「大能」と呼ばれていた魔術師シモンも、福音を受け入れ、バプテスマを受けました。
そこに、エルサレムから使徒ペテロとヨハネがやってきて、信じた人々の上に手を置きました。
すると、人々は聖霊を授かったのでした。

その様子を見ていた魔術師シモンは、使徒たちの前に金を持って来て、「聖霊を授ける権威を私にも下さい。」と願い出たのでした。
魔術師シモンは福音を受け入れたはずなのに、人々から「大能」と呼ばれたいという願望に、再び心が支配されてしまったのです。
そのシモンに対してペテロは、「あなたはその金とともに滅びるがよい」と言い、厳しい言葉を持って悔い改めを迫ったのでした。
シモンは「あなたの言ったことが私の身に起こらないように、祈ってください。」と、使徒たちに願ったのでした。

主を信じ信仰をもっても、私たちは不完全な罪人です。
罪の性質は消えることはありません。
大切なことは自分自身で神様と向き合うこと、自分ではなく神様に栄光を帰することです。
また、罪を悟り、悔い改め、赦されることなのです。

もし私たちが自分の罪を告白するなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、私たちをすべての不義からきよめてくださいます。(Iヨハネ1:9)

コメント

タイトルとURLをコピーしました